歯科で医療に従事!歯科衛生士として働きたい人が知っておくべき知識を紹介

医療に携わって働きたいという人が年々増えてます。
医師や看護師に並んで、歯科衛生士という職業も人気なんです。
この職業で働きたい人に向けて、当サイトでは基本的情報などをご紹介していきます。
歯科の分野ではこの職業のニーズは年々高まっていて、求人倍率も非常に高くなっていて復職もしやすく働きやすい職業とされているのです。
当サイトがこれからこの職業を目指す人にとって、非常に役立つことを心から願ってやみません。

歯科で医療に従事!歯科衛生士として働きたい人が知っておくべき知識を紹介

歯科衛生士とは、国家資格の一つであり歯科の領域で専門職として働くことが出来るんです。
大学や短大、専門学校などの養成学校を2年以上履修し、知識と技術を身に着け国家試験に臨むのです。
合格率は95パーセント以上と高く、養成学校を卒業すれば比較的合格しやすい国家資格ともいえるんです。
主に仕事は歯科の保健指導や予防対処、医療補助になります。
歯科衛生士は、クリニックや診療所だけではなく、活躍するフィールドも豊富で認定歯科衛生士としてキャリアアップも図れます。

歯科衛生士になるには何の資格が必要なのか?

実際に治療を行う歯科医師とは違い治療のサポートや器材や患者のカルテの管理、患者の口内トラブル予防に大きな役割を果たすのが歯科衛生士です。
働く為に必要となるのが歯科衛生士免許で、この資格は国家試験に合格した人が得られる国家資格です。
この国家試験を受験する為には国が定めた養成機関で、知識や技術などを一定期間授業を受けて習得する必要があります。
専門学校や短期大学や大学などで学び卒業することで、試験を受けることが出来ます。
歯科衛生士になるには、最低でも3年以上の養成期間で学ぶ必要があります。
国家試験に合格すると厚生労働大臣が、歯科衛生士名簿というものに登録をして実際に働くことが出来ます。
歯科医院以外にも介護や企業などでの活躍の場が期待されていて、生涯働ける職業として人気を集めている職種です。
興味があるという人はまずはどのような業務を行うのか、そしてどうすれば免許を取得出来るのか調べて第一歩を踏み出してみてはいかがですか。

歯科衛生士を養成している学校とは

歯科衛生士を目指す場合は、養成施設に入って知識や技能を勉強します。
その養成校には主に大学、短期大学、専門学校の3種類があります。
このうち、圧倒的に多いのが都道府県知事の指定をうけている専門校で、大学と短大についてはそれぞれ国内に十数箇所しかありません。
大学には歯科衛生士専門の学科はありませんが、歯学部や医療福祉系の学部のある大学に入学すると、歯科衛生士の仕事をするにあたって必要な知識や技能を4年かけて学ぶことができます。
専門以外にも学べるものが多いので、広い見識をもった歯科衛生士になりたい場合は大学で学ぶのがおすすめです。
一方、はやく基礎を身につけて仕事がしたいと考えている場合は、短大か専門学校を選ぶと良いでしょう。
これらの施設では、大学より1年短い3年間ですべて学び終えることができるからです。
また、専門校の中には夕方から夜にかけて授業を行う夜間部も設けている所が少なくありません。
仕事を継続しながら資格取得を目指す場合は、専門校の中から入る所を選ぶことになるでしょう。

歯科衛生士の希望者が受ける実習について

歯科クリニック等で専門医と同様に活躍をされているのが、歯科衛生士です。
この資格は1985年に厚生労働省によって制定をされたもので、口腔ケアのエキスパートと称されています。
女性に人気がある職業で、2021年現在で約85パーセントが女性で構成をされているのが特徴です。
歯科衛生士になるにはまず、2年間専門学校に通わないといけません。
基礎医学から歯学を学び、学科と実習でカリキュラムは構成をされます。
このうち、希望者のみが受講する実習というものがあるので簡単に解説をしていきましょう。
それは審美学であり、ホワイトニング処置を学べるものです。
審美とは一般的な歯科における治療項目ではありません。
これにより、各専門学校では必須カリキュラムにはなされていないわけです。
美容処置に分類をされるので、その方面で就職を希望なさっている方であれば受講をしてみましょう。
歯科衛生士のスキルアップにもつながるので受けておいて損はしません。

歯科衛生士が転職を成功させるコツ

現在歯科衛生士はかなり売り手市場にあたり、なんと就職希望の衛生士に対し求人は20倍もあるとされています。
歯科医院はコンビニよりも多いと言われていますが、歯科衛生士であれば就職に困らないことがわかります。
とはいえそれと同時に転職や離職率が非常に高い職業とされています。
このようなことから、転職を成功させるコツをしっかりと頭に入れておく必要があるでしょう。
その成功させるコツの1つに挙げられる事は、面倒に感じるかもしれませんが見学の日を作ることが大切です。
見学とは半日から1日程度、実際に診療室等の雰囲気を肌で感じることを指しています。
面接とは別の日に見学をさせてもらえないかどうかを聞いてみましょう。
なぜ見学をするのかというと、面接に行った日の診療室の雰囲気が通常とはがらりと異なるケースがあるからです。
就職した後にこんなはずではなかったと思わないようにするためにも、あえて普段の診療時間に見学に行くことが大切です。

歯科衛生士と歯科助手は何が異なるのか?

将来医療の現場で活躍したいと考えている方の中には、歯科で働く職業を詳しく知りたいという人もいます。
歯科では主に治療を行う医師の他に、歯科衛生士や歯科助手が働いていますが、この2つの職業の大きな違いは「資格の有無」にあります。
歯科衛生士は主に口腔ケアの専門家という立ち位置で、国家資格を取得している人がなる職業なのに対して、歯科助手は資格が必須であるわけではないため資格を持っていない人でも働くことができる職業です。
ではどのような仕事を行っているのかというと、治療で使用する器具の準備から片付け、洗浄や滅菌処理といった仕事であり、中には受付や予約管理といった医療行為ではない業務も担当しカルテ作成や診療報酬の計算、会計業務を任せられるなど医療事務のような仕事も行う職場もあります。
歯科衛生士は主に歯科診療補助や予防処置、保健指導といった医師が行う診療をサポートする仕事であり、患者さんの負担を抑えて診療を進めるために医師と連携して仕事を進めます。
予防処置では口内を確認し、必要に応じて器具を使用して歯の汚れを落としたり、虫歯予防の対策としてフッ素塗布を行います。
保健指導は地域で暮らす人々が虫歯や歯周病にならないように、口内ケアの方法を指導や支援する内容です。

歯科衛生士による口内のクリーニング

虫歯や歯周病など口内トラブルを防ぐためには、普段から自宅での念入りな歯磨きはもちろん定期的な歯科衛生士によるクリーニングを受ける必要があります。
自分でしっかり歯磨きをしているならば、わざわざ歯科でクリーニングを受ける必要はないのではと考える方も多いですが、歯の汚れの原因は口の中の細菌が関係しており、食べかすなどを栄養として口内で細菌が増殖し歯の表面にバイオフィルムという細菌膜を作ります。このバイオフィルムは汚れや細菌を吸着するので、汚れやすい歯になってしまいます。
普段の歯磨きやデンタルフロスで行うケアでは、このバイオフィルムを取り除くことは難しいため、定期的に歯科に通い歯科衛生士によるケアを行う必要があります。
このバイオフィルムは一度取り除いても約2~3ヶ月で復活するため、汚れのつきにくい歯を維持できれば見た目が美しくなるだけではなく虫歯や歯周病、口臭などを防ぎ健康な歯を維持することができます。

歯科衛生士が実施する保健指導の内容

歯科衛生士の仕事は歯科衛生士法第1条に定められている通り、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図ることを目的に歯科医師のサポートや学校や企業などで行う保健指導を行います。
国家資格である専門職の歯科衛生士は治療で使う器材の管理や、患者のカルテの管理も行います。
健康的な口内環境を保つ為に、欠かせないのが定期的な健診です。今の口内環境の状態を正確に把握してもらうことで、少しの異常も早期に治療に取り掛かることが出来て患者の負担軽減に役立っています。
歯科衛生士の仕事として歯科医師の治療のサポートや器材の管理や、カルテの管理の他にも行う業務があります。
学校や福祉施設や企業などで正しい歯磨きのやり方や、口内環境で悩む人に向けて保健指導を行うことです。
1人1人違う口腔ケアのやり方が適切に行われているのかをチェックして、間違っている場合には丁寧に指導しています。また歯磨きの指導の他にも、食生活指導も行う場合もあります。

診療の補助も歯科衛生士の重要な仕事

歯科衛生士は歯科医師が病院内で行う患者への診療のサポートを行い、治療に使用する器材の適切な管理や患者のカルテの管理また患者の口内トラブルの予防に務めるのが主な業務です。
よく間違えやすいのが歯科助手ですが歯科助手は受付業務や診療の雑務を請け負い診療は行わないことに対して、歯科衛生士は歯科医療業務のサポートを行うのが大きな違いです。
歯科医師のパートナーとなり診療の補助を行うことは、歯科医師の業務の負担軽減に大いに役立っています。
歯科衛生士は診療の補助の他にも歯科保健指導と呼ばれる、学校や福祉施設や企業などでの歯磨きの正しいやり方の講座などの保健指導も行っていて予防治療にも積極的に関わっています。
実際歯科医院での診療では1人1人違う口内環境を正確に把握してその人に合った歯石取りや虫歯予防の為に薬の塗布なども行っていて、歯科医師の診療の幅広いサポートを行うことが出来る国家資格を持つ医療提供者となります。

歯科衛生士に求められるホスピタリティの精神

歯科衛生士は歯科クリニックで歯のクリーニングや歯科医師のサポートなどを担いますが、実際に仕事をするときは患者さんと寄り添うことがメインになりますから、患者さんに安心感を与えるような役割もあります。
歯の治療は痛みなどで不安に感じている人が多いので、歯科衛生士にはホスピタリティの精神が求められる筈です。
ホスピタリティはサービス精神でもありますし、患者さんに寄り添う気持ちにも繋がっていきますから、歯科クリニックを利用した人達の満足度も高くなると考えられます。
結果的に治療以外でも利用する人が増えていき、売上の増加にも繋がっていく可能性が高いです。
売上が増加することで歯科衛生士の給与が増えたりするメリットもあり得ますから、お客さんの満足度も上がるだけでなく働いている人達の待遇も良くなっていくと考えられます。
歯科衛生士は病院の看護師のような存在にもならないといけませんから、サービスの質を上げていくことに力を入れるのが大切です。

歯科衛生士に関する情報サイト
歯科衛生士になるために

医療に携わって働きたいという人が年々増えてます。医師や看護師に並んで、歯科衛生士という職業も人気なんです。この職業で働きたい人に向けて、当サイトでは基本的情報などをご紹介していきます。歯科の分野ではこの職業のニーズは年々高まっていて、求人倍率も非常に高くなっていて復職もしやすく働きやすい職業とされているのです。当サイトがこれからこの職業を目指す人にとって、非常に役立つことを心から願ってやみません。

Search